公立大学法人 福島県立医科大学医学部 消化器内科学講座

研修医・医学生の方へ
residents / medical students

Home > 診療・研究内容について

診療・研究内容について

現在、大きく肝臓グループ、消化管胆膵グループに分かれ、臨床ならびに研究に励んでおります。それぞれ一般臨床はもちろん、内視鏡を用いた新しい治療手技の開発、基礎研究ならびに臨床研究にも日々、励んでおります。

肝臓グループ


RFA
臨床面では、C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法、肝細胞癌に対するラジオ波焼灼術(RFA)や肝動注療法(TACE)、劇症肝炎に対する集中治療、肝不全ならびに肝細胞癌に対する肝移植までの内科管理などの肝疾患全般について幅広く診療をしております。
ラジオ波焼灼術などの治療においては最新機器も導入し、積極的に活用することで良好な治療成績を残しております。また、急性肝不全や進行した慢性の肝不全については肝臓外科医とも緊密に連携し、患者の救命を第一に診療にあたっています。

一方、発症初期での診断が困難な自己免疫性肝炎や原発性胆汁性肝硬変や非アルコール性肝炎(NASH)などの合併など患者病態を十分に把握、考察することで診断・治療を行っております。以上のように、肝疾患全般にわたって診断から治療まで一貫して習得できる環境が整っており、総合的な肝臓専門医の育成を目指しております。

一方、研究面では自己免疫性肝炎や原発性胆汁性肝硬変症などの自己免疫性肝疾患を中心テーマとして、臨床の現場から拾い上げられる問題点を念頭に病態解明を目標に取り組んでおります。臨床的、遺伝学的、分子生物学的な様々な側面からアプローチし、国内外での学会発表および論文作成へと着実に仕事を進めております。

研究内容のページへ

上部消化管グループ


EIS

早期胃癌、食道癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD),食道胃静脈瘤に対する内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS),粘膜下腫瘍に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)を中心として診療を行っています.ESDの技術は,粘膜癌であればEMR時代では不可能であった大きな病変でも内視鏡で切除が可能で,分化型の粘膜癌の大半はESDにより内科医が癌を根治させることが可能となりました.年々ESD症例数は増加しており,最近は郡山,いわき地区からの難易度の高い症例も紹介いただき,いずれもESDで治癒切除が可能でありました.

ESDの新しい局注剤や食道ESDの狭窄予防などに関する臨床研究も行っており,国立がん研究センター中央病院などを中心とするESD関連の多施設共同研究にも参加しております.EISは日本の静脈瘤治療の第一人者である当院内視鏡診療部の小原先生のご指導のもと,日本のトップ施設として安定した治療成績を残しており,福島県内だけでなく県外からも治療困難例の紹介をいただいております.粘膜下腫瘍に関しては確定診断目的にEUS-FNAを積極的に施行しており,GISTが疑われる場合は転移や播種のリスクが皆無と思われる20mm未満の小さな段階から積極的にFNAを施行しています.

グループカンファランス
また画像診断のみでは診断困難な病変に対してもFNAは非常に有用であります.GISTの治療は,従来は腹腔鏡を中心とする外科手術でしたが,切除面積が過大になることが問題点でありました.最小の面積での腫瘍切除を目的として2013年からは,外科と共同して内科医のESD,外科医の腹腔鏡手術を同時に行う腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)を導入し積極的に行っています.

また当グループの特徴として,胆膵グループと垣根のない連携した診療を行っており,同時に胆膵疾患の修練を行うことができます.また国立がん研究センター中央病院など日本の先進施設への留学も可能です.

研究内容のページへ

下部消化管グループ


下部消化管グループメンバー
下部消化管:臨床面ではポリペクトミーやEMR・ESDは勿論のこと、炎症性腸疾患の臨床ならびに研究に力を入れております。臨床においてはクローン病に対するレミケードや潰瘍性大腸炎重症型におけるLCAP療法の導入を積極的に行なっております。また、研究面として、米国UCSDとの連携も行われており、プロバイオティクスに関連した基礎研究の分野ではその業績は世界的に高く評価されております。

 


顆粒球除去療法

研究内容のページへ

胆膵グループ

胆膵:本邦でいち早く取り入れた超音波内視鏡下穿刺の技術を用いた膵疾患の病理学的診断ならびに治療への応用においては、本邦でもトップレベルの診療研究を展開しています。

この超音波内視鏡下穿刺を利用して、膵癌の診断のみならず、抗癌剤感受性試験や神経ブロック、閉塞性黄疸治療、さらには膵癌免疫療法まで幅広く応用しています。膵嚢胞に対しては先進的な治療法を取り入れ治療しています。また、当然のことながらERCPを基本とした胆膵内視鏡でも、様々な先進的なアイディアを具現化しながら臨床研究に励んでおります。また、慢性膵炎や自己免疫性膵炎に関する研究も積極的に行っております。

また、米国へ留学中の医師もおり、海外や国内の診療交流も行われています。

研究内容のページへ

ページ上部へ