公立大学法人 福島県立医科大学医学部 消化器内科学講座

研究内容のご紹介
research content

Home > 学位論文

学位論文

平成30年度学位取得者

氏名 学位論文題目 学位記番号 取得年月日
藤原 達雄 Evaluation of Brain Activity Using Near-infrared Spectroscopy in Inflammatory Bowel Disease Patients
(NIRSを用いた炎症性腸疾患患者の脳活動性評価)
乙第1447号 平成30年9月28日
紺野 直紀 Changes in N-glycans of IgG4 and its relationship with the existence of hypocomplementemia and individual organ involvement in patients with IgG4-related disease
(IgG4関連疾患患者におけるIgG4の糖鎖解析および低補体血症・臓器障害との関連について)
乙第1449号 平成30年9月28日
髙住 美香 補体制御因子sMAPとH因子を融合した新規抗補体薬sMAP-FHの開発 甲第627号 平成30年9月28日

平成29年度学位取得者

氏名 学位論文題目 学位記番号 取得年月日
中村 純 Feasibility of short-period,high-dose intavenous methylprednisolone for preventing stricture after endoscopic submucosal dissection for esophageal cancer:a preliminary study
(食道表在癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後の狭窄予防における短期間高用量メチルプレドニゾロン静脈投与の有用性)
乙第1445号 平成30年3月21日

平成28年度学位取得者

氏名 学位論文題目 学位記番号 取得年月日
渡辺 晃 Change in gastric emptying eight weeks after endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer patients 乙第1433号 平成28年9月29日
藁谷 雄一 Clinical significance of serum Wisteria floribunda agglutinin-positive Mac-2 binding protein in pancreatic ductal adenocarcinoma
(膵管癌における血清Wisteria floribunda agglutinin-positive Mac-2 binding proteinの臨床的意義の検討)
乙第1437号 平成29年3月24日

平成27年度学位取得者

氏名 学位論文題目 学位記番号 取得年月日
岡井 研 HCV感染を防ぐ新規阻害抗体の開発 甲第540号 平成27年9月28日
杉本 充 Possible participation of IgG4 in the activation of complement in IgG4 related disease with hypocomplementemia.
(低補体血症を伴うIgG4関連疾患におけるIgG4が補体活性化に関与している可
乙第1428号 平成28年3月24日

平成26年度学位取得者

氏名 学位論文題目 学位記番号 取得年月日
浅野 智之 NPSLE患者の髄液中補体第3成分(C3)と炎症マーカーに関する検討 甲第530号 平成27年3月24日
鈴木 玲 Endoscopic ultrasound-assited direct peritoneal visualization with a small-caliber scope-a proof of concept study in a swine model 乙第1423号 平成27年3月24日

平成25年度学位取得者

氏名 学位論文題目 学位記番号 取得年月日
物江 恭子 Evaluation of nailfold capillaroscopy findings in patients with primary biliary cirrhosis. 乙第1420号 平成26年3月25日
佐藤 愛 Usefulness of new EUS criteria diagnosis of chronic pancreatitis, especially early chronic pancreatitis. 乙第1418号 平成26年3月25日
鈴木 良磨 TLR7 Ligand Ameliorates TNBS Colitis by Induction of CCR9 and Accumulation of Regulatory T Cells. 乙第1421号 平成26年3月25日
菅野有紀子 Anti-phosphoenolpyruvate carboxykinase 2 antibody in patients with autoimmune hepatitis. 乙第1419号 平成26年3月25日

平成24年度学位取得者

氏名 学位論文題目 学位記番号 取得年月日
岩舘 治代 Analysis of osteopontin and bone resortption markers in patients with rheumatoid arthritis.(関節リウマチ患者のオステオポンチンと骨吸収マーカーに関する検討) 乙第1407号 平成25年3月21日
勝嶋 史子 自己免疫性肝疾患におけるマイクロRNAの検討 乙第1408号 平成25年3月21日
塩谷 康夫 Neutrophil Elastase Inhibitor Ameliorates Murine Experimental Colitis (好中球エラスターゼ阻害剤によるマウス実験腸炎の改善効果) 乙第1409号 平成25年3月21日
齋藤 理恵 Anti-carbonic anhydrase Ⅲ autoantibodies in vasculitis syndrome. 乙第1410号 平成25年9月25日

ページ上部へ