公立大学法人 福島県立医科大学医学部 消化器内科学講座

当講座のご紹介
about us

Home > 掲載・出版・出演 > 以前の著書・訳書・その他2015年

以前の著書・訳書・その他2015年

  • SUZUKI,Rei;HIKICHI,Takuto;IRISAWA,Atsushi;OBARA,Katsutoshi;OHIRA,Hiromasa; Bhutani,MS.EUS in Gastric Cancer and Thickened Gastric Wall.ERCP and EUS:A Case-Based Approach,Linda S.Lee(Editor).Boston.Springer.2015:423-437.
  • 大平弘正.RAの合併症 原発性胆汁性肝硬変(PBC)リウマチクリニックQ&A集成.リウマチ実地医会編集.メディカルビュー社.2015:71.
  • 大平弘正.自己免疫性肝炎 今日の診断指針(第7版).金澤一郎,永井良三 総編集.医学書院.2015:787-790.
  • 藤原達雄.悪性腫瘍による急性左側結腸閉塞に対するBridge to Surgeryとしての自己拡張型大腸ステント挿入と緊急手術の長期予後についての検討.Frontiers Gastroenterology.2015;20(1):60-61.
  • 中村 純.未分化型早期胃癌に対するESDの短期成績および長期成績.Frontiers Gastroenterology.2015;20(1):62-63.
  • 紺野直紀.Q&A 下血の際に腹痛と血清アミラーゼ上昇を認めた症例.日本消化器病学会雑誌2015;112(4):741-742,745-746.
  • 紺野直紀.膵癌の診断に対する造影超音波内視鏡の他施設での前向き試験.Frontiers Gastroenterology.2015;20(1):66-67.
  • 林  学.肝硬変患者の脾弾性値の測定は食道静脈瘤の予測に有用である.Frontiers Gastroenterology.2015;20(1):58-59.
  • 藁谷雄一. 内視鏡で経過を追った遺伝性びまん性胃癌患者および家族の前向き研究.Frontiers Gastroenterology.2015;20(1):64-65.

ページ上部へ