公立大学法人 福島県立医科大学医学部 消化器内科学講座

当講座のご紹介
about us

Home > 掲載・出版・出演 > 以前の著書・訳書・その他2014年

以前の著書・訳書・その他2014年

  • TAKAHASHI,Atsushi;ABE,Kazumichi;OHIRA,Hiromasa.Part 1 Autoimmune hepatitis.Nonalcoholic steatohepatitis-autoimmune hepatitis overlap.Ohira H,eds.Autoimmune Liver Diseases.Springer.2014;277-286.
  • ABE,Kazumichi;TAKAHASHI,Atsushi;OHIRA,Hiromasa.Part 2 Primary biliary cirrhosis.Management of the patients with feature of autoimmune hepatitis.Ohira H,eds.Autoimmune Liver Diseases.Springer.2014;277-286.
  • 大平弘正.自己免疫性肝炎 今日の治療指針.山口 徹,北原光夫監修.医学書院.2014;517-518.
  • 大平弘正.自己免疫性肝炎を合併したC型肝炎~診断と治療のポイント~.HEPATOROGY PRACTICE VOL3.C型肝炎の治療を極める.榎本信幸,竹原徹郎,持田 智編集.文光堂.2014;218-222.
  • 大平弘正.AIHの診断.HEPATOROGY PRACTICE VOL4.難治性肝疾患の診療を極める.大平弘正,坂井田功,竹原徹郎,持田 智編集.文光堂.2014;58-61.
  • 大平弘正.AIH・PBCの診断と治療.平成26年度日本肝臓学会前期教育講演会テキスト.2014;81-88.
  • 大平弘正.自己免疫性肝炎 消化器病診療.一般財団法人日本消化器病学会監修.「日本消化器病診療(第2版)編集委員会」編集.医学書院.2014;156-159.

編者

Hiromasa Ohira

タイトル

Autoimmune Liver Diseases

紹介

「本書では、この肝臓において免疫異常が原因とされる代表的な自己免疫性肝疾患であるAIHとPBCについて最近の進歩について、この分野で活躍する日本人研究者に執筆頂いた。今回、日本におけるこれら診療の現状と研究成果を世界に発信する機会が得られてことは喜ばしいことです。」

ページ上部へ